時代の変化にチャンスを見い出す すべてのビジネスパーソンへ

Grasp

トリ・アングルINTERVIEW

俯瞰して、様々なアングルから社会テーマを考えるインタビューシリーズ

vol.25鉄道×デザインのニューウェーブ

公開日:2021/1/15

A

[ 前編 ]

列車に乗って非日常的な旅を!

鉄道チャンネルMC柏原 美紀

貨物の輸送から旅客輸送と、移動の手段として発展してきた鉄道網。最近では、鉄道を利用すること自体を楽しめるよう、美しさやデザイン性、独自のサービスなどのある列車や駅舎が各地で登場している。CS放送の鉄道専門チャンネル「鉄道チャンネル」でMCを務める柏原美紀さんは番組などを通じてその魅力を発信する。全国各地の鉄道をリポートしてきた体験を踏まえ、お勧めの列車や路線、駅舎などについて聞いた。

柏原さんが鉄道に興味を持ったきっかけは?

 2017年から鉄道チャンネルでMCやリポーターをさせていただいて、さまざまな現場に行くようになり、鉄道への興味が深まっていきました。もともとは旅行が好きでいろいろなところへ行っていて、人にものを伝えるということが好きだったのでこの仕事につきました。
 コアな鉄道ファンというところから入ったのではないため、最初は鉄道用語などで分からないものもあり、困ったこともあります。例えばJR四国で2019年にデビューした最新の「振子式(ふりこしき)」(スピードを落とさずにカーブを通過できるよう、台車より上の車体を内側に傾斜させ遠心力を減殺する方式の一つ)の車両など、意味が分からないものについては、自分で調べるだけでなく、仕事で四国に行った際に車両の下部を実際に見せてもらったりしました。取材の現場でよく一緒になる専門記者の方たちからもいろいろなことを教わって、勉強しながら各路線への訪問を重ねるごとに、それぞれの鉄道会社・路線のカラーや独自の魅力が分かってきて、おもしろいと思うようになりました。

学生時代にシーサイドライン(横浜市にある新交通システム)のプロモーションガールをしていたそうですね。

 2015年、大学3年生のときに初代のプロモーションガールのオーディションがあり、選ばれて5人で活動しました。自社のイベントのほか、他の鉄道会社のイベントにも行って、ステージでオリジナルキャラクター「きらきら☆シーたん」とともに自社のPRなどもしました。当時のシーサイドラインの社長さんが作詞・作曲した「Seaside Line~わたしのお気に入り~」というプロモーションソングのCDを出したのもいい思い出です。
 プロモーションガールの活動を通じて、人にものを伝える楽しさを知りました。さらにそのとき、鉄道チャンネルの番組内のコーナーにゲストとして呼んでいただいたことがあり、MCの方もすごくいい方で“こういう仕事をやってみたい”と思うようになりました。
 けれども翌年の就職活動の際には鉄道チャンネルのMC・リポーターの募集はなく、広告代理店に就職しました。ところが就職した直後にMC・リポーターの募集が突如行われたことから、会社に内緒で試験を受けて合格することができて、代理店は2カ月で退社し転職しました。

【シーサイドラインのプロモーションガール時代。イベントで他のメンバーと(中央下が柏原さん)】

※本人提供

「鉄道チャンネル」について教えてください。

 CSの鉄道専門チャンネルで、鉄道旅や鉄道バラエティーなどの番組を放送しています。ガチガチの鉄道ファン向けの番組ばかりでなく、いち旅番組として視られるようなライトなファン向けのものもあり、子供から高齢者まで楽しめます。旅番組では、列車のことも紹介しますが、その沿線に何があるか、例えば私がやっている「スイーツ娘『柏原美紀』のゆるっとふわ鉄旅」というシリーズでは、沿線のおいしいスイーツのお店を取り上げるなど、沿線のこともいろいろ紹介しています。鉄道系のメディアで沿線情報を詳しく伝えるところはあまりないので、そこは「鉄道チャンネル」の強みかなと思っています。もちろん、コアなファンにも満足していただけるよう、走行中の運転席からの眺めをひたすら放映する「前面展望」のさまざまな路線のシリーズなどもそろえています。

【深い青色で落ち着いた外観のザ・ロイヤルエクスプレス】

※伊豆急行株式会社提供

鉄道には車窓からの風景、車内サービス、車両の外観や内装などさまざまな楽しみがありますが、お勧めは?

 豪華な外観や内装の中にも優れたデザイン性を持つ観光列車が好きですね。有名な豪華寝台列車「ななつ星in九州」のデザインで知られる水戸岡鋭治さんなどが手掛ける内装では、その沿線で産出する木材や伝統工芸が取り入れられていて、沿線のよさが凝縮されているだけでなく、温かさが感じられるのがいいですね。居心地がよくて、車両ではなく“ホテルで移動している”ような非日常感が好きです。
 特に印象に残っている観光列車は、主に横浜~伊豆急下田間を走る「ザ・ロイヤルエクスプレス」とJR九州の「或る列車」です。「ザ・ロイヤルエクスプレス」は深い青色の車体に金色のラインが施され、車内ではバイオリンの生演奏が行われるなど、大人向けの上品で落ち着いたイメージがすばらしい。車内で楽しむコース料理も静岡県産の食材がふんだんに使われ、伊豆の海沿いの景色も美しいです。「或る列車」ではスイーツのコースが出ます。私は鉄道チャンネルで沿線のスイーツ紹介の番組をやらせてもらうほどスイーツ好きなのですが、「或る列車」はスイーツはもちろん、女性目線でいうと、座席の仕切りのガラスにハートの模様の透かし彫りが入るなど、かわいらしい内装も魅力です。

【鉄道チャンネルの地方ロケで、沿線のおいしいスイーツをリポート】

※本人提供

鉄道には新幹線や東海道本線などの幹線と、地方のローカル線とがありますが、どちらが好きですか?

 ローカル線ですね。ふだん、都市部の横浜に住んでいて、地方ロケで自然豊かなローカル線に乗ると、いつものバタバタした空気から解放されて癒やされます。時間がゆったりと流れているような感じがあり、日々の忙しさを忘れることができます。
※後編に続きます。

プロフィール

かしはら・みき 1994年11月18日生まれ。高松市出身、幼稚園のときに横浜市に転居し同市で育つ。フェリス女学院在学中にシーサイドラインのプロモーションガールとして活動、美女大学生コンテストのグランプリも受賞する。卒業後は「鉄道チャンネル」(公式サイト https://tetsudo-ch.com/)でMC・リポーターを務め、「スイーツ娘『柏原美紀』のゆるっとふわ鉄旅」では全国の鉄道沿線のスイーツを紹介、「徳永ゆうきのぐるっと歌テツ旅」にも出演中。他に、JR東日本リテールネット「鉄道の日キャンペーン」イメージガール、アイドル選抜オーディションのサファイアプロジェクトの公式アンバサダーに就任している。趣味は旅行、カフェ巡り。