時代の変化にチャンスを見い出す すべてのビジネスパーソンへ

Grasp

トリ・アングルinterview

俯瞰して、様々なアングルから社会テーマを考えるインタビューシリーズ

vol.21宇宙ビジネス最前線!世界とどう戦う?

私たちにとって「宇宙」とはどんな存在だろうか?小説や映像などを通じてしかイメージ出来ない遠いものであるように思われがちなのではないだろうか?
しかし、今年6月にはアメリカで世界初の民間企業による有人宇宙船の打ち上げに成功し、英国の企業も2022年に大分県で小型衛星を打ち上げる計画を明らかにするなど、宇宙を巡る動きが活発化している。こうした潮流の中、宇宙空間を利用したビジネスも現実味が増している。これまで宇宙産業と言えば、ロケットや人工衛星の開発といった分野ばかりに焦点が当てられていたが、最近では日本でも通信、観光、物流など広範な分野でベンチャーが相次いで立ち上がるなど民間主導のビジネスに注目が集まっている。世界では既に様々な分野で事業化が進められているが、日本は宇宙ビジネスで世界と渡り合うことが出来るのだろうか。その可能性を探る。

9月25日
公開予定

B

  • ANAホールディングス株式会社
  • 津田 佳明
  • 「次は、宇宙へ。」

B

9月25日
公開予定

「次は、宇宙へ。」

ANAホールディングス株式会社

津田 佳明

9月29日
公開予定

C

  • 宇宙エバンジェリスト
  • 青木 英剛
  • 宇宙港の日本誘致を実現へ!

C

9月29日
公開予定

宇宙港の日本誘致を実現へ!

宇宙エバンジェリスト

青木 英剛

vol.20みんなで守ろう!「命の水」

地球は水の惑星と言われているが、この地球上の水は海水などの塩水がほとんどを占めており、淡水は約2.5%しかない。そのうえ、その大半が南極や北極地域にある氷山や地下水で固定されており、人が容易に利用できる河川や湖沼などの淡水の量は地球上に存在する水量のわずか0.008%程度にすぎない。
この限りある水の確保が、今、危機に瀕している。近年の地球温暖化による気候変動の影響により、世界各地で渇水や洪水などの自然災害が頻発し、水の安定的な供給が見込めないからだ。
人が生きていく上で欠かせない「水」を将来にわたって守り続けていくために今、どのような取り組みが行われ、また、何が求められているのだろうか。

寡黙なヒーロー

孤独なまでに寡黙。この国の今と未来のために
黙々とミッションを遂行する名もなきヒーローたち。
職業擬人化シリーズ

file 029
みなとオアシス
file 028
国土交通白書
file 027
国際クルーズ
file 026
i-Rail
file 025
バリアフリー
file 024
下水道イノベーション
file 023
気象ビジネス
file 022
不動産鑑定
file 021
無電柱化
file 020
スマートシティ
file 019
安心R住宅
file 018
インフラ海外展開
file 017
物流イノベーション
file 016
C to Sea
file 015
インバウンド推進
file 014
自動運転
file 013
LRT
file 012
G空間社会
file 011
ETC2.0
file 010
水防災意識社会
file 009
航空イノベーション
file 008
スーパー・メガリージョン
file 007
国際海事条約交渉
file 006
海上保安庁
file 005
地震・津波監視
file 004
コンパクト・プラス・ネットワーク
file 003
i-Construction
file 002
MaaS
file 001
TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)

初耳係長

聞いたことのない レアな役職名コレクション
一体どんなお仕事?

運転係長
バラスト水対策係長
許可係長
安心居住係長
地磁気係長
国際係長
克雪体制推進係長
労働係長
駐車場係長
橋梁係長
ジオイド係長
排出ガス係長
地震防災係長
古都保存係長
急傾斜係長
リスク情報係長
ストック活用係長
機体係長
危険物係長
地すべり係長
水先係長
宇宙利用係長
騒音係長
重力係長
運転係長
バラスト水対策係長
許可係長
安心居住係長
地磁気係長
国際係長
克雪体制推進係長
労働係長
駐車場係長
橋梁係長
ジオイド係長
排出ガス係長
地震防災係長
古都保存係長
急傾斜係長
リスク情報係長
ストック活用係長
機体係長
危険物係長
地すべり係長
水先係長
宇宙利用係長
騒音係長
重力係長