時代の変化にチャンスを見い出す すべてのビジネスパーソンへ

Grasp

トリ・アングルinterview

俯瞰して、様々なアングルから社会テーマを考えるインタビューシリーズ

vol.5"データ大流通時代"、オープンデータは起爆剤となるか?

官公庁が保有する気象や地理空間データなどのビッグデータをオープン化する動きがある。こうした動きは、新たなビジネスの創出や人々のくらしの快適性や経済活動、社会活動を飛躍的に向上させる起爆剤となるか。自動運転、MaaS、建設分野のIT化、物流革命などへの活用等、オープンデータの促進が社会、経済、産業にもたらすインパクトやビジネスチャンスについて識者に聞く。

4月2・9日
公開予定

B

  • 東京大学空間情報科学研究センター特任講師
  • 瀬戸 寿一
  • 地域政策を支援する地理情報

B

4月2・9日
公開予定

地域政策を支援する地理情報

東京大学空間情報科学研究センター特任講師

瀬戸 寿一

4月16・23日
公開予定

C

  • 国土交通省国土交通審議官
  • 由木 文彦
  • 行政が打ち出すオープン化の意思

C

4月16・23日
公開予定

行政が打ち出すオープン化の意思

国土交通省国土交通審議官

由木 文彦

vol.4公共インフラは、財政圧迫要因か? 新たな社会資産か?

高度成長期に大量に建設された道路、橋梁、トンネル、ダム、堤防、上下水道などのインフラの更新期が迫っている。今後、老朽インフラの維持管理更新費は増加すると見込まれており、現状の予算水準では、新規投資が一切できなくなる将来も遠くない。他方、空港にはじまり、上下水道、高速道路とコンセッション方式による民営化が拡大している。今後、必要な維持管理費をまかないつつ、必要な投資を行っていくためには、どうしたらよいか。受益者負担、有料化、民営化、インフラ集約化など、今後の方策を識者に聞く。

寡黙なヒーロー

孤独なまでに寡黙。この国の今と未来のために
黙々とミッションを遂行する名もなきヒーローたち。
職業擬人化シリーズ

file 012
G空間社会
file 011
ETC2.0
file 010
水防災意識社会
file 009
航空イノベーション
file 008
スーパー・メガリージョン
file 007
国際海事条約交渉
file 006
海上保安庁
file 005
地震・津波監視
file 004
コンパクト・プラス・ネットワーク
file 003
i-Construction
file 002
MaaS
file 001
TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)

初耳係長

聞いたことのない レアな役職名コレクション
一体どんなお仕事?

ストック活用係長
機体係長
危険物係長
地すべり係長
水先係長
宇宙利用係長
騒音係長
重力係長
ストック活用係長
機体係長
危険物係長
地すべり係長
水先係長
宇宙利用係長
騒音係長
重力係長